奄美自然食本舗のブログ 『みしょれんしょうれ』

株式会社奄美自然食本舗では、食の安全を第一に考え、きび酢や
うこんなど、主に奄美大島で作られた無添加の自然食品を扱っています。
ブログではオフィシャルHPで伝えきれない部分をお伝えしていこうと思います。季節ものの果物の情報などお得情報もアップしていきますので
ごゆっくりとご覧ください。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< やっと・・・ | main | すもも生果実終了です >>

すもももももも・・・砂糖漬け

 暑い日が続くこの頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
すももの受付期間も今週いっぱいとなりました、嬉しい事に追加の注文をくれたお客さまもいます!

3kgをすぐに使い切った理由は、なんと砂糖漬けだそうです。
以下、すももの砂糖漬けの作り方です。

材料はすもも1kgに対し砂糖500g〜
500gだとちょっと甘さ控えめみたいです?

まず、すももをよく洗い、水気を拭き取ります。

次に、丸ごと漬け込む場合、すももの表面にフォークや竹串等で数箇所穴を開けます。
    種を抜く場合、すももの線に沿って二つに割り、種を抜き出してさらに半分に切ります。
    1/4カットにすると後々ヨーグルトとかトッピングに使う時に便利そうです(  ̄ω ̄)
 
そして清潔な瓶の底に砂糖を少し振り、すももを並べてまた砂糖を被せます。
焼酎漬けと違い瓶はしっかり消毒しておかないと危なそうですね。。。

砂糖・すもも・砂糖・すももの順に段を作っていき、最後に残りの砂糖すべてを被せ蓋をします。
ある程度押し付け気味に締めると果汁が早く出そうですね、特に丸ごとの場合なんかは。

冷蔵庫に入れ、汁が出てきたら、汁に漬からない部分が出ないよう一日一回は
瓶を縦に回し全体にシロップを馴染ませます。

2〜3日に一度、汁を取りだし沸騰させ、アクを取って下さい。
 (3,4回繰り返すとより保存が効くようになります。)

この段階で果肉をカットして砂糖を足して煮込めばそのままジャムにできそうですね。(≧▽≦)

ちなみにレモン汁は入れなくても、すももの酸味がしっかり活きてるみたいであっさりした甘さです。


- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://amami-natural.jugem.jp/trackback/35
この記事に対するトラックバック